きもの、帯、和装小物、和雑貨を販売するインターネットショップうめももさくらのスタッフブログです。コメントなどお気軽にどうぞ。※トラックバックのみでコメントなどない場合は削除させていただきます。


by umemomosakura-map
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

博多織バッグ

e0075093_2331925.jpg本日仕事納めを迎えられた皆さん、ご機嫌いかがでしょうか。
年内あと2日の営業を残しておりますうめももさくらです。

昨日深夜にNHKを見ていましたら料理番組が始まりまして、おせち料理の作り方をやっていました。
えびの松風焼きの作り方が紹介されていましたが、なんでも芥子の実をふるのが松風焼き、胡麻をふるのは利休焼きというのだそうです。
後で調べましたら千利休が胡麻を好んだからそういわれるようになったのだとか。

どうしてそんな話をふったかと申しますと、先日新着の博多織利休バッグのご紹介がまだだったからです。

このバッグ、当店のオリジナルで1点ものになります。

>>博多織 利休バッグ

博多織の産地で見本にでもするのでしょうか。
少し余分に織るそうで、通常でしたら出回らないこの部分を特別に分けていただくことができたのです。

実際に帯として販売されているものなので、博多織ならではの風合いと確かな織り上がりです。

デザインも洒落帯にするようなタイプを3種類選び、マチ部分には博多織の質感と高級感を損なわないよう、帯裏に使う正絹生地を取り寄せました。

バッグ加工をしてくださる業者さんも何件かあるのですが、着物地・帯地の加工を数多く手がけられ、裏打ちなどにも精通されたところに依頼してと、けっこうこだわっています。

あくまでも和のテイストですがモダンな雰囲気にも感じられる仕上がりになりました。
お茶席に持つような有職文様などとはまた違う雰囲気で、普段用~ちょっといいところでお食事・観劇という時にお使いいただけます。

e0075093_233445.jpg実は先月のイベントときもの日和の時に博多織の帯地のハギレをご紹介させていただいておりました。
ただのハギレと思ってスルーされた方もいらっしゃったかもしれませんが、けっこうレアだったんです。
(もう入らないんです。ネットでもご紹介できなくてごめんなさい >< )

お求めいただいたお客様のうち何名かの方がやはりバッグにしたいということで、同じ加工屋さんで素敵なバッグにしていただきました。

通常はコストの問題もあって(マチに使用した生地もけっこういいお値段がしてしまいます)こうした加工をお受けすることが難しいのですが、いい帯地が入ったので特別です!


コメント&トラックバック お気軽にどうぞ♪
(セキュリティ上トラックバックのみの場合はリンク先のチェックをしておりません。コメントのない場合は削除させていただいておりますのでご了承ください。)

不適切と判断した場合は削除させていただきます。ごめんなさい(><)。
[PR]
by umemomosakura-map | 2006-12-28 23:03 | おすすめアイテム