きもの、帯、和装小物、和雑貨を販売するインターネットショップうめももさくらのスタッフブログです。コメントなどお気軽にどうぞ。※トラックバックのみでコメントなどない場合は削除させていただきます。


by umemomosakura-map
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

うめももさくら的エコ&ロハス

e0075093_19273819.jpg丈の長いコートで隠していた冬の間の蓄積物をさらすのが怖い、うめももさくら@スタッフです。
帯付きの季節までになかったことにしたいのですが、なんとかならないでしょうか。

今年のお正月前後は「メタボリック症候群」という言葉をやたら聞いたような気がします。
メタボリックシンドロームというのは内臓脂肪が蓄積して病気を引き起こしやすくなる状態をいうのだそうですが、単にウエイトが増えるだけのことも「メタボリック」「メタボリック」と言われているような気がします。

なんでもカタカナで言ってしまうと本来の意味が誤解されたり忘れられたり、危険性が感じられなくなったりするので要注意ですね。

この数年は特に健康志向・自然派志向がブームのようになっていて、ロハスだとかエコだとかも流行りのようです。
和のものがブームになっているのも多少この流れから来ている、といわれています。

スローライフとかスローフードという言葉もここ数年の言葉ですね。
(うめももさくらはスロービジネスを目指して、今のところはハードな日々を送っております。)
そういう雑誌もたくさん出ているようで・・・

他業種の方とお会いする時もよくこのエコだとかロハスについての話題が出ます。

先日も

「猫も杓子もロハスロハスだ」
「どうもファッション的に扱われるようになってきたような気がする(表面的なエコやロハスが蔓延しそうだ)」
「湿度・温度管理されたビルの一室でのホットヨガはナチュラル志向とは違う」(←健康的ではあると思います)
「七草粥はマクロビだ」

という話になりました。

職業柄流行のものはチェックしなければいけないこともありますが、なんといっても長時間パソコンを使っている私たちも地球の温暖化を進めてしまっています。

陶器製の湯たんぽを愛用したり、洗剤や消臭剤の変わりに重曹や茶香炉を使ったりして少しは罪ほろぼしをしてはいますが・・・

そこで日ごろ地球を暖めているうめももさくらスタッフの提唱するエコは草木染め

天然染料を使うからというだけでなく、色が褪せたり若くなったりしてももっと濃い色に染め直しができるので生地を再利用できて、藍や柿渋などの染料は生地の強度を高める効果もある、防虫効果や薬効のある植物もある。
茜や紫紺などの染料も昔から愛されてきたのはそうした効果があるからだ、という話をすると「なるほど~」と言っていただけるのですが、本当は「きもの自体がエコなんですよ・・」という話もしたいんです;

着古したゆかたがおしめになり最後は雑巾に・・・というのはきもの好きのみなさんにはお馴染みの話かと思いますが、今は知らない方も多いです。
繰り回しができる・お母様やおばあ様の着物を譲ることができるという話は身長や裄の問題で不可能な方のほうが多いくらいですし、何よりきもの屋がきもののいいところを語ると「セールス?」と身構えられてしまうので控えています。


といいつつ最後にちょっと宣伝です。

当店の草木染めコーナーも人気のコーナーになってきまして、ただいますべて完売になっていますが、もうすぐさくら染めの季節になります。

草木染め商品は今後帯揚げだけでなくストールやマフラーなどもご用意したいと思っています。

春の息吹を吹き込まれた草木染商品がお目見えするまで、もう少しお待ちくださいませ。


コメント&トラックバック お気軽にどうぞ♪
(セキュリティ上トラックバックのみの場合はリンク先のチェックをしておりません。コメントのない場合は削除させていただいておりますのでご了承ください。)

不適切と判断した場合は削除させていただきます。ごめんなさい(><)。
[PR]
by umemomosakura-map | 2007-03-01 19:28 | きものあれこれ