きもの、帯、和装小物、和雑貨を販売するインターネットショップうめももさくらのスタッフブログです。コメントなどお気軽にどうぞ。※トラックバックのみでコメントなどない場合は削除させていただきます。


by umemomosakura-map
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

いろいろ勉強中

e0075093_06189.jpgうめももさくらです。

前回衣装協力を何本かさせていただいてとても勉強になった、というお話をさせていただきました。
どういう点かというと・・・・

たとえば着用するタレントさんがものすごく背の高い方。

男性用なのに身丈が私の身長(標準的な身長です)とほぼ同じ!?
裄の長さも和裁師さんから「これ間違ってません?」と確認の電話が来たほどでした。

さすがに今まで経験したことのないほどの長身で裄も長い上に、腰の位置もお顔の長さも違うので、ここの寸法は単純計算だとこの長さだけど、これってアリ?こことの兼ね合いはどうなるの?の連続。
もちろん普通の反物ではお仕立てができないので、裁断や縫製がやっかいな生地を用意することになってしまいましたし・・・・
お仕立てを引き受けてくださったベテラン和裁師Kさん、ありがとうございました m(_ _)m

時代劇で「○○役の人がこういうシーンで着るもの」というお話も。
「はてその時代のその身分の人って、そういう時にどんなものを着るんだろう?」ということで近藤富枝先生にご相談。

この技法の帯の発祥はどこの地方のもので何時代以降にそこの武士が広めたから、敵対する人がその時代以前にしているのはおかしいとか、その人を預かっている家が町屋か農家かでまたこのように違うだろうといったことから、衣装の時代考証をされていた時のお話も聞かせてくださいました。
もちろん映像にした時に現代の私たちのイメージ(この時代の人・この人物はこういうのを着ているだろうというイメージ)との兼ね合いがあったり、同じ歴史上の人物でも凛々しくストイックなキャラクター設定なのかやんちゃな設定なのかでまた衣装が違うわけですが、そんなお話も近藤先生からお聞きするとすごく楽しいんです。

いつか近藤先生に講演をお願いしたいと思っているのですが(まだまだ夢の段階です;)、こうしたお話をしていただくのはいかがでしょう。

そして衣装担当のスタイリストさんや男性の監督さんの着物を見る目が私どもとは違うのが新鮮でした。

こちらとしては

女優の○○さんがそういう役だったらこういう着物がドンピシャなはずとか
今何歳の役者さんが子供の頃の回想シーンだったらこういう浴衣ももうあったけどこれはないとか
昼間のシーンと夜のシーン(もしくは室内と室外のシーン)の両方があるならこういうものとか
身長が何センチだったらこういうものがおすすめとか

いちおうそういうことを考えてご用意させていただくのですが、たいていそういうものはボツになります(笑)。
(いちおうカメラのピントが合わせにくいだろうと思う柄などは避けているので、そういうことではないはず・・・)

「このシーンにはこういう着物」というしっかりしたイメージがあるのでしょうし、日ごろ着物に携わっている私どもや仕入先の方や作家さんとも、着物を愛好しているお客様ともまた感覚が違うように思いました。

すでに女性のスタイリストさんが選ばれそうなもの、男性の監督のイメージに合いそうなものというのがだいたい飲み込めてきました。
特に比較的若い男性の監督さんと、ある程度の年齢で着物姿をそれなりに見てきた監督さんととでは、女性の着物に対する感覚がやっぱり違うような気がします。

いろいろ勉強させていただきました!

スタイリストさんも役者さんのプロフィール(身長などのサイズ)をいただくだけで衣装を用意しなければいけなかったり、役者さんが急に変更になったりとたいへんそうでした。
どんな映画になるか、公開が楽しみです。


写真は撮影に使用していただいた浴衣です。
こちらのコーナーでどうぞ。

コメント お気軽にどうぞ♪
(不適切と判断した場合は削除させていただきます。ごめんなさい(><)。
※トラックバックは当面禁止設定にさせていただきます。何卒ご了承ください。
コメント投稿ができない場合は当店サイト内お問い合わせフォームよりご連絡ください。

[PR]
by umemomosakura-map | 2008-08-27 00:05 | きものあれこれ