きもの、帯、和装小物、和雑貨を販売するインターネットショップうめももさくらのスタッフブログです。コメントなどお気軽にどうぞ。※トラックバックのみでコメントなどない場合は削除させていただきます。


by umemomosakura-map
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

第34回 ボーイズバラエティ大会

e0075093_15553926.jpgこだわりの着物と帯 和雑貨のお店 うめももさくらです。

先日1月31日はこのブログでもご案内していた末廣亭ツアー?回目でした。

この日は落語ではなく「ボーイズ・バラエティ大会」と題した、曲芸や漫談などの興行です。

懇意にしていただいているジキジキさんがお目当てだったのですが、どの方もとっても面白くて、終始嵐のような拍手と笑いの渦。
顔の筋肉が痛いほど笑ってきました!

ジャグリングのストレート松浦さんは最後のほうはぜいぜい言いながら、すごい技を次々に披露。
特に「ピアニスト」と「ネコ」のポーズにはビックリです!

楽しませながらああした技を見せるというのはきっとものすごくたいへんだと思うのですが、曲芸でこれだけ会場が沸くのを見るのは初めて!というぐらい盛り上がりました。
(プロフィールを拝見したら自分より若くてショックでした・・・・)

ジキジキさんはカオルコさんがいつもと違うタイプの衣装で、これもまた素敵。
何度聞いてもおかしいお馴染みのネタから、初めて見るネタまで、とにかく楽しくてあっという間に終わってしまったように思えたほどでした。

乗せ上手なジキジキさんの求めに応じて鶏の鳴きまねをするお客さんの、ノリの良さといったら・・・!
(ご年配の方も含めたいい大人が雨風の強い中大勢集まって、手振り付きで。)

紙切りといえば正楽師匠しか見たことがなかったのですが、初めて泉たけしさんという方の紙切りを見ました。

正楽師匠の切られたものは情緒性があるというか、詩的な雰囲気があるのに対して、この方は漫画的な面白みがある感じ。
切り方も表現も違うのですね。

「血液ガッタガタ」や「わたしゃも少し背がほしい」を初めて生で聴くこともできて、大満足。
割り箸にお札を挟んで差し出す人も初めて見ました。
(今って不況じゃなかったんですか?)

今回ご参加いただいたみなさんは特に上品でしっとりとした方々でしたので、このノリについて来ていただけるかな?と心配する必要などなく、すでに私以上に大ウケしているご様子。
横を向かなくてもそれが分かるくらいに(笑)。

期待以上の面白さでしたが、ご参加いただいたみなさんの反応の良さのほうが想像以上でした。

それにしても出演者の方・客席の皆さんも本当にみんなお元気で明るくてビックリです。
日本はやっぱり中高年に支えられてます。
私も負けないようにニワトリの鳴き方を練習します。

みなさんも次回、(ニワトリの鳴きまねを。)ぜひご一緒しましょう!


補足1
寄席は1~10日が上席、11~20日が中席、21日~30日が下席というふうに分かれていて、それぞれ出演者が異なります。
31日のある月はその日1日だけの番組が組まれて、一門会や人気の噺家さんの2人会などが催されます。

珍しいところでは昨年、林家しん平さんが監督の映画「深海獣雷牙」の制作発表と独演会をされました。
「私も金髪豚野郎です」と笑いを取っていたのを、ニュース等でご覧になりませんでしたか?



補足2
末廣亭など都内の定席には落語協会か落語芸術協会に所属の芸人さんが出演されています。
(円楽党や立川流の噺家さんは上記2つの協会には所属していないので、出演されません。)

今回は特別企画的に、「東京ボーイズバラエティ協会」所属の芸人さんの公演でした。

噺家さんだけでなく漫才や漫談などの方も落語協会か落語芸術協会に所属されていますが、ジキジキさん(東京ボーイズバラエティ協会所属)はどちらにも所属していないので、今回が末廣亭初出演だったそうです。

東京ボーイズバラエティ協会所属の芸人さんは浅草の東洋館によく出演されているようです。

東京ガールズさんのように東京ボーイズバラエティ協会と落語協会の両方に所属されている方もいて、末廣亭などでもお目にかかれます。


コメント お気軽にどうぞ♪
(不適切と判断した場合は削除させていただきます。ごめんなさい(><)。
※トラックバックは当面禁止設定にさせていただきます。何卒ご了承ください。
コメント投稿ができない場合は当店サイト内お問い合わせフォームよりご連絡ください。

[PR]
by umemomosakura-map | 2009-02-06 15:55 | イベント